機能パーツ単体 外観検査/画像装置 組込用

※購入数量の集中時等、在庫切れが度々発生しています。ターゲット装置への組込必要日程から余裕を持ってご注文いただければ幸いです。

 

○ターゲット装置での必要になる機能部位のみを必要なだけチョイス。装置メーカー様のご要望に応えたパーツ販売です。

○アルミフレームは既存装置で使用したい用途や、ステージ7560、ステージ6048へ追加搭載など、適材適所でご利用ください。

 

欠陥検査、画像装置 機能パーツ カメラ固定フレーム

実機搭載用途にお使いいただけます。
再現性を求められるテスト環境やカメラ差異テストが多い用途にも最適です。

M72マウントまでのラインスキャンカメラのほとんどを本フレーム1台で強固にネジ留め固定できます。
レンズ角左右上下微調、WD微調整、固定角微調整が行えます。
[意匠登録出願中]

 

 項目  仕様
レバー可変固定 固定穴M3(M2~M3ネジ向け)用、M4(M3~M4ネジ向け)用
側面固定 長穴固定穴(M3~M2ネジ向け)取付ピッチ12~55mmに適用
1/4”固定穴(1/4”、M5~M6ネジ向け)用
レバー可変範囲 最大M72マウントカメラ相当
固定ネジ位置が対角距離で49~113.5mmの範囲に適用
フレーム固定 M6 + 平ワッシャ 用長穴。30mmピッチの汎用アルミフレーム等に適用します。

 

ラインスキャンカメラ固定参考 NED CLISBee キーエンスカメラ固定参考 KEYENCE XG-HL
M72レンズカメラ固定参考 DALSA HS Cマウントカメラ固定参考 エリアカメラ、USBカメラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[考えなくてもよくなるカメラフレーム] 商品レポート:


取付穴はそこにあるフレーム

カメラは、ワークや検出物により採用が変わります。
弊社は、装置設置では毎度ブラケット図面を引き、サンプルテストでは腕組みをして想像を巡らせ、Lアングルやテープ、子ネジをガチャゴチャ組み合わせを行っていましたが、それが「あの時間はなんだったんだろう」と・・取付図面も構想&設計しなくていいですし、取付時間1/10以上でした。

 


微調整をどこでするのが最適か

ラインカメラ、ライン照明、ワークの関係。照明とワークの関係が整ってくるとカメラのズレが分かってくるんですが、この時にカメラ側で微調整ができるとせっかく整った照明とワーク条件をいじらなくていいんです。円筒体や光り物ではカメラ側で微調整したくなることが多いですね。

 


調整機構を持ちながら、強固に固定できる安心感

ゴニオを使ってましたが、一度設置してしまえば頻繁に調整する物ではないのでカメラブラケット設計+XYゴニオよりも格段に低コストの上、強固に固定できる安心感があります。

 


 

 

実機搭載用途にお使いいただけます。欠陥検査、画像装置 機能パーツ 照明固定フレーム
再現性を求められるテスト環境や照明差異テストが多い用途にも最適です。

照明の幅に合わせて左右スライドして自由に固定位置を決めることができ、小幅のライン照明から長尺なライン照明まで本フレーム1台で固定できます。大幅に長いライン照明は複数台で固定すると強固に固定できます。

可変スライド幅はM5穴(~M3)で最大幅150mm、M3穴(~M2)で最大幅120mmです。

角度調整は無段階です。反射設置にも透過設置にもお使いいただけます。
反射板や投影スクリーン設置などの機材固定にも角度微調整でき便利にご使用できます。
[意匠登録出願中]

 

 項目  仕様
スライド固定 固定穴M3(M2~M3ネジ向け)用、M4(M3~M4ネジ向け)用
M5(M3~M5ネジ向け)用の3穴
スライド可変範囲 M5(~M3)用固定穴:最大150mm
M3(~M2)用固定穴:最小28mm
L300mm以上のライン照明は150mm位置で固定ください。L500mm程度が最大サイズとして固定フレームを増設してください。求められる精度・設置強度によりご判断してください。
フレーム固定 M6 + 平ワッシャ 用長穴。30mmピッチの汎用アルミフレーム等に適用します。

 

画像処理用ラインLED照明固定参考 CCS LNSP 低価格、LEDライン照明固定参考 CCS LN60
集光、拡散、スポットLED照明固定参考 CCS HLV2 LEDライン光源固定参考 CCS LNSP 透過照明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[考えなくてもよくなる照明フレーム] 商品レポート:


装置構造と分離できるまとまった調整機構

搬送機構のど真ん中深部に照明が設置されることが多く、今までは搬送機構と関連があったりでメカ屋さんも立ち会ってもらわないと調整できないことが多かったのが、このフレームであれば全ての調整機構がまとまっていて搬送機構の組み付けに関係なく行えます。

 


設計がイッパツ解決フレーム

画像メーカーから調整する箇所を毎度要求され、機構設計を再考しなければならなかったり、大幅にコストが掛かる構造追加になったりしていたのが、この照明フレーム領域さえ確保しておけば調整箇所の要求など干渉されることがまったくなくなりました。

 


照明固定以外での光学部材の微調整に使っています

微少ゆがみを捕らえる時など、反射板やスクリーンを固定するのに使っています。
また、ハーフミラーやカラーフィルタの固定で簡易同軸落射環境や簡易照明色のテストにも使えています。

 


 

 

 

欠陥検査、画像装置 機能パーツ 主柱傾斜台座

実機搭載用途にお使いいただけます。
再現性を求められるテスト環境や角度ステップテストが多い用途にも最適です。

カメラ角度や照明角度を自在かつ高剛性で傾斜設置が行える強固な角度調整ベース台座です。

強固なネジ固定としながら、変化角は10°刻みおよび、15°,45°の全15段の角度設置できます。センター出しのできる特殊ネジを採用。
[意匠登録出願中]

 

 項目  仕様
柱適合アルミフレーム 60x60mm正方形、60x30mmの長方形、固定レールは等間隔ピッチ30mm間隔、固定ネジM6
※固定ベースに密着固定、6本(4本)のネジ固定が行えるもの。
可変角度 垂直状態から、±0°、+10°、+15°、+20°、+30°、+40°、+45°、+50°、-10°、-15°、-20°、-30°、-40°、-45°、-50°
(10°ステップ:全11角、および±15°、±45°角)
主柱傾斜ベース固定 M6 + 平ワッシャ用長穴。30mmピッチの汎用アルミフレーム等に適用します。

 

ミスミ・SUSアルミフレーム角度固定、角度調整、主柱傾斜参考 外観検査でのカメラ取付、固定、角度設計参考 主柱傾斜ベース

 

 

 

 

 

 

 

 

[考えなくてもよくなる可変角度フレーム] 商品レポート:


縦移動して横移動して。が、直感的な角度で。

カメラと照明の角度付けは、フレームの垂直水平を横にずらして、高さを変えて。が当たり前としてセッティングしていましたが、格段に効率が上がりました。
角度差で検出力が大きく変わる反射照明の時などは新たな発見ができるほど短時間に角度差テスト回数を増やすことができます。

 


現地でリセッティング。本来の性能を発揮へ。

柱の根本で角度を変えられると、カメラや照明の微調機構だけでは変えられない光学条件の全てがリセッティングできます。
試作で借りたワークと製品ワークで相違することがよくあり、この時、不本意な場合わせで苦悩していた事態が、現地調整で本格的に対処でき、本来の画像処理性能に見合うセッティングへ合わせ込めます。検収データ取りも期待通りでかなりの時間短縮にもなってきます。とにかく不安なく検収作業に臨めます。

 


 

 

欠陥検査、画像装置 機能パーツ 副柱台座

実機搭載用途にお使いいただけます。
アルミフレーム支柱用結合ベースです。X方向、Y方向影響することなくフレームを移動可変することができます。
微調整を行いたいアルミフレーム結合箇所へお使いいただくことでX方向、Y方向それぞれに影響しません。

本品含め、機能パーツシリーズは、可動部へ特殊シート加工を付加しています。微調整操作を行う時の引っかかりを抑制できます。

 

 項目  仕様
適合アルミフレーム 60x60mm正方形、60x30mmの長方形、固定レールは等間隔ピッチ30mm間隔、固定ネジM6
※副柱可動ベースに密着固定してネジ固定が行えるもの。

 

ミスミ社SUS社NIC社のアルミフレームに適用したXY稼働台座。独立して移動が可能。 ミスミ社SUS社NIC社のアルミフレームとの微調整移動を可能にするシート加工

 

 

 

 

 

 

 

 

[考えなくてもよくなる独立可動フレーム] 商品レポート:


あっちもこっちも支えていなくてもあっけなく移動調整できる

ほんの少し動かしたい時、すごく重宝します。
アルミフレームブラケットで連結していると引っかかりがあって微調できなかったり、X側もY側も動いてしまうので微調整に手こずっていましたが、X/Y一方はピクリとも動くことなく固定できているので思い通りに短時間で調整できます。

 


キズを心配せずにフレーム移動

納品物である装置ににキズが付かず助かります。スムーズに移動できています。